中古車の車査定の方法

車査定で中古車の売り時を知る

中古車の車査定の方法
中古車を今すぐ車査定、そして今すぐ売却と短絡につなげてしまうイメージがありますが、相談がてらに車査定を受けるという利用の仕方も悪くはありません。売ることを考えるのではなく、売り時の目処を立てるために車査定をすることも可能です。車買取専門店の査定に来た人は、車査定と同時に買取の契約をしようなどとは思ってはいません。次の車の買い換えを考えているのか、余分だから売るのかを聞いてくれますし、それにより、どうするのがお得なのかをアドバイスしてくれます。私の場合は、一括査定で3社が来てくれましたが、買取と同時に新しい車の購入も考えていました。新古車で考えており、買取金額に100万円プラスまでのものを購入したいという気持ちが強いことを知り、次の購入する車の車種を聞いてくれ、それが叶うまでしばらく市場を見て過ごすことにしたのです。買取専門店は、新しい車も売る時のことを考えて、できるだけランクの良い人気のあるものが出るのを待とうと言ってくれました。1社から2ヶ月後に連絡がありました。オークションで買い付けてくれた念願の新古車をゲットしてくれ、総額でプラス100万円で購入が叶いました。

その新古車は、普通に購入すると150万円は下りません。車査定は15万円でしたが、価値路専門店にダイレクトに売却し、ダイレクトに購入することで、非常に大きな得をしたと言えます。車査定の利用には、色んな方法でお得なことがあります。査定ついでに相談をしてみましょう。

車・バイク・機械や中古車についての話は便利なココで情報収集しましょう。。